岩樟神社

住所:淡路市岩屋(岩屋港前)

岩屋港の向かいの岩屋城跡がある城山の崖下の洞窟に祀られた神社で、 恵比須神社社殿の横を通り抜けた所にあるのが、岩樟神社です。

イザナギノミコトとイザナミノミコトの二柱の神の間に最初に生まれた蛭子命(ひるこのみこと)とあり、蛭子命は、体がうまくできあがっていなかったために、岩のように堅い樟の木で作った舟に乗せて流されてしまったという神様です。

その舟が流れ着いた場所が西宮神社で、「西宮のエビスさん」の本家は岩屋であるという伝説もあります。また地元では、この洞窟はイザナギ尊のかくれられた幽宮(かくりのみや)であるとも伝えられています。洞窟には、古の祭壇の趾があり、ここは、現在でも祭器や御神体等の古びた物の納受場所になっています。


大きな地図で見る

は~とふるアイランドトップページに戻る